年末年始にもう一度みたい映画

音楽

こんにちは
2019年の年末はどのように過ごしますか?
私は、あいにく仕事なのでゆっくりはしていられませんが、周りに休日の人が多いと、何だか気分だけは「お休みモード」なりますね。
お休み気分の時にはDVDやCSテレビで映画やドラマをたくさん見ています。
今回は、私が大好きで、ぜひみなさんに観てほしい映画をピックアップしました。
気持ちがウキウキする映画、気分がさわやかになる映画、絆を感じさせてくれる映画など心の底から「もう一度見たい」と思える映画を紹介しますね。

1、グレイテスト・ショーマン

あらすじ 貧しいがいつでも前向きで夢に向かって頑張るバーナムだが、仕事が長続きせず、なかなかうまくいかなかった。しかし、あることがきっかけでお金を借りることができ、世界の変わった風貌の人たちを集めたサーカスをはじめた。これが大盛況で、連日満員だったが、小人症の男、髭の濃い女、結合双生児の兄弟などを起用していたため、批評家からは酷評され、市民の中には「恥さらし」と抗議された。裕福にはなったが、単なる成り上がりのペテン師のレッテルを貼られていた。バーナムは、このままではいけないと思い、著名な劇作家のフィリップをスカウトする。フィリップのコネで、 ヴィクトリア女王と拝謁することができた。成功への階段をのぼってゆくバーナムだが、有名なオペラ歌手と出会うことで歯車が狂い始める。いったん妻や子供たちから愛想をつかされ、落ち込んでしまうが、サーカスの劇団員がサーカス再建の話を持ち込んできた。彼ら彼女らの説得で、自分のやるべきことを見つけたバーナムは、再起にかける!

出演者 バーナム(ヒュージャックマン) 妻・チャリティ(ミッシェル・ウィリアムズ) 劇作家・フィリップ・カーライル(ザック・エフロン) オペラ歌手・ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)

スタッフ 監督:マイケル・グレイシー

感想 歌とダンスが素晴らしいの一言です。曲が良いからきっと耳に入ってくるのでしょう!ストーリーもよいですが、楽曲とダンスの動きがマッチして、歌って踊っているシーンだけ見ていても飽きません。ヒュージャックマンは歌がうまいですねぇ。映画『ラ・ラ・ランド』のスタッフが再集結して作ったらしいですが、アカデミー賞をとった「ラ・ラ・ランド」よりもはるかに感動しました。

2、ゴッドファーザー

あらすじ イタリア系アメリカ人のドン・コルレオーネの娘、コニーの結婚式が盛大に行われている。そこへ3男マイケルが、恋人ケイを連れて帰ってくる。イケルは、海兵隊帰りで堅気の生活を送るつもりだった。しかし、ドンが他の組織に銃撃され、重傷を負ってから、冷静沈着で有能なマイケルは、組織に巻き込まれていく。

出演者 ドン・ヴィトー・コルレオーネ(マーロンブランド) 三男 マイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ) 長男 ソニー・コルレオーネ(ジェームズ・カーン) 次男 フレッド・コルレオーネ(ジョン・カザール) 長女 コニー・コルレオーネ・リッツイ(タリア・シャイア) 弁護士 トム・ヘイゲン(ロバート・デュバル) マイケルの妻 ケイ・アダムス・コルレオーネ(ダイアン・キートン)

スタッフ 監督 フランシス・フォード・コッポラ

感想  何といっても画面と音楽が素晴らしい。最初のコニーの結婚式のシーンはとても長いが、その後の血なまぐさいシーンとの対比で効果的だと思いました。マイケルの心情の動きがとてもわかりやすく、役者さんたちの演技力がとてもうまくて、こちらも入り込んでいってしまいました。家族の絆を表現した映画の中でもダントツで良い映画でした。最後のチャペルのシーンと組織としてやるべきことを交互に映しているシーンは印象的でした。私の人生の中でも1位2位を争うくらいの素晴らしい映画です

3、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

あらすじ  舞台は1920年代、ニューヨークのユダヤ人街。17歳のヌードルスは仲間の少年たちと悪事を働いて、お金を稼いでいた。そこで、マックスに出会い、禁酒法を利用してどんどん犯罪を重ねて稼いでいく。しかし、あることがきっかけで、街のボス、バグジーをヌードルスは殺してしままう。マックスたちは刑務所の出所日に迎えに行き、再び手広く犯罪行為を犯していく。年月は流れ、マックスと再会するも、政治家として活躍していたが、汚職事件が発覚して追われる身になり、ヌードルスに自分を殺してくれと頼む。ヌードルスは断る。そして、マックスは、動いているごみ清掃車の中に身を投じる。

出演者 ヌードルス(ロバート・デ・ニーロ) マックス(ジェームズ・ウッズ) デボラ(エリザベス・マクガバン) ファット・モー(ラリー・ラップ) パッツィ(ジェームズ・ヘイデン) コックアイ(ウイリアム・フォーサイス)

スタッフ 監督:セルジオ・レオーネ

感想 上映時間が3時間49分!とても長いが、私はDVDを最初に通してみた後に何度も繰り返して観たのを覚えている。半日くらい部屋に閉じこもって、ずっと観ていた。こちらの映画も画像と音楽が素晴らしい。子供時代の頃のヌードルスたちが並んで左から右へ歩いていくシーンがとても心に残っている。最後のシーンは、マックスがなぜああいう死に方を選んだのか理解できなかった。もっと他に死に方はあったろう、、と思った。でも、この映画も又、私の人生の中で上位に位置づけられる映画に違いない。

https://binged.it/2tQls3b

どうですか?
私は、恋愛映画よりもギャング映画、こう書くと軽い感じですが、ファミリーの絆を描いた物語がとても好きなんです。
やくざ映画も好きだったりします。
仲間を大切にする物語は、とても感動します。
アニメでも「ワンピース」「ナルト」「鋼の錬金術師」「進撃の巨人」など人気のある物語は、そういうものが多いです。
人はきっとヒトとのつながりをいつだって求めているのかもしれません。
ただ、その方法を知らないから、知らんぷりしてしまうんですよね。
映画やドラマには、私たちにいろいろなことを教えてくれます。
これからも良い映画を見つけて、観ていきたいと思います。

AbemaTVの公式サイトはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました