今日はファイトな気分! ロッキー3

ロッキー

ジョギングしたり、テレビ体操したり、体を動かすと、必ず頭の中に流れるのが「ロッキーのテーマ」です。
特にジョギング中には、ウオークマンでリピートで聞いてしまいます。
そして後半の周になると、思い切りダッシュして、ロッキーがでア海岸でアポロと競争して抜いていくシーンが思い浮かんでくるんです。

https://m.media-amazon.com/images/I/816nWdkiwjL.SS500.jpg

そんな大好きな映画「ロッキー3」について少し書いてみようかと思います。

あらすじ

「ロッキー2」でヘビー級チャンピオンになったロッキーは、その後3年の間にいくつものタイトルを勝ち取り、ゆるぎない地位を獲得していました。
富と名誉を得て、メディアへの露出も増え、最初の頃のハングリー精神が欠落してきたようにトレーナーのミッキーは感じました。
そんな時にロッキーに勝負を挑む若いボクサー。
以前ほどトレーニングをしていないロッキーには、強いハングリー精神を持った若者にはかないませんでした。
試合が終わった後、トレーナーのミッキーは亡くなってしまいます。
落ち込んだロッキーに手を差し伸べたのは、ライバルであり友人のアポロでした。

http://img.cinematoday.jp/a/N0055046/_size_240x/_v_1374718949/main.jpg

アポロは、ロッキーに昔のハングリー精神を持ったロッキーに戻ってもらうため、一緒に
トレーニングを開始します。
ボクシングジムの若者たちの鋭い「勝ちたい!」という闘志満々の目「アイ・オブ・ザ・タイガー」をロッキーは取り戻すことができるでしょうか?
最後は、最初に戦って負けたあの若い闘志満々のボクサーに挑みます。

http://i.ytimg.com/vi/Kf8oZGHDTt4/hqdefault.jpg

スタッフ・出演者

監督 シルヴェスター・スタローン
音楽 ビル・コンティ
ロッキー・バルボア・・・シルヴェスター・スタローン
エイドリアン・・・タリア・シャイア
ポーリー・・・バート・ヤング
アポロ・・・カール・ウェザース
クラバー・ヤング・・・ミスターT

感想

私が一番好きなシーンは、後半投げやりになっていたロッキーにエイドリアンが喝を入れ、励ますことで、みるみる動きが早くなっていくところです。
追い越せなかったアポロを追い抜き、万歳をしているシーン、良かったです!
奥様の力って本当にすごいんですね。
いつでも支えているのは奥様なんですね。
ミッキーの死は、最初見た時は、とても悲しく泣いてしまいました。
内容だけでなく後ろで流れる音楽も素晴らしいので、余計気持ちが高ぶってくるんだと思います。

私が感動する映画は、たいてい音楽も良かったりするんですよね。
ビルコンティの音楽は、いつも感動します。

そして最後の「アイ・オブ・ザ・タイガー」!!
ストップモーションでこの曲です!
とても良いラストシーンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました